センコーグループホールディングス株式会社

SENKO HOLDINGS お問い合わせ ENGLISH
文字サイズ
     

環境目標

中期経営5カ年計画での環境目標

中期経営5カ年計画(SIP21)に基づき、2017年度から下記の環境目標を掲げて活動を推進しています。

第6期 環境マスタープラン(2017~2021年度)の考え方

日本が国際社会に約束した「2030年度にCO₂排出量を2013年度比27.4%削減(運輸、物流部門)」を達成する上で、センコーグループは、お客様や地域社会に貢献する環境パフォーマンスの向上を目指し、物流を中心にした事業活動に沿って「環境活動の見える化」を積極展開することで、「環境先進企業集団」を実現します。

2021年度までの環境目標(2016年度比)1 CO2削減に関する活動 中期経営5カ年計画のCO2削減目標として、5年間で8,310トン(年次1,662トン)以上を目指す。 ●貨物輸送量(トンキロ)あたり燃料使用量:9%削減(エコドライブシステムなどの先端機器導入を推進) ●売上高あたりエネルギー使用量:9%削減(LEDなど高効率照明や最新空調機器など環境投資の推進) 2 エネルギーミックスによる化石燃料の使用削減 ●トラック:平成28年排出ガス規制車両の100%導入 ●渉外車:HVの100%導入 ●CNG車の大型トラック:5台、4トントラック代替車10%推進 ●リフト:オフロード法2014年排出規制適合車への代替促進 3 廃棄物リサイクルの向上 ●産業廃棄物排出量を年次2%削減、有価リサイクル総量年次2%向上 4 お客様や社会に貢献する環境活動 ●グリーン物流(モーダルシフト)の提案件数:前年度比20%増 ●500km以上輸送のモーダルシフト率:63%以上 CO2削減に関する活動 中期経営5カ年計画の目標 年平均1,662トン以上削減 最終目標削減量  26,802t-CO2 目標(2013年度比27.4%削減) 2021年度までの環境目標(2016年度比)1 CO2削減に関する活動 中期経営5カ年計画のCO2削減目標として、5年間で8,310トン(年次1,662トン)以上を目指す。 ●貨物輸送量(トンキロ)あたり燃料使用量:9%削減(エコドライブシステムなどの先端機器導入を推進) ●売上高あたりエネルギー使用量:9%削減(LEDなど高効率照明や最新空調機器など環境投資の推進) 2 エネルギーミックスによる化石燃料の使用削減 ●トラック:平成28年排出ガス規制車両の100%導入 ●渉外車:HVの100%導入 ●CNG車の大型トラック:5台、4トントラック代替車10%推進 ●リフト:オフロード法2014年排出規制適合車への代替促進 3 廃棄物リサイクルの向上 ●産業廃棄物排出量を年次2%削減、有価リサイクル総量年次2%向上 4 お客様や社会に貢献する環境活動 ●グリーン物流(モーダルシフト)の提案件数:前年度比20%増 ●500km以上輸送のモーダルシフト率:63%以上 CO2削減に関する活動 中期経営5カ年計画の目標 年平均1,662トン以上削減 最終目標削減量  26,802t-CO2 目標(2013年度比27.4%削減)

MENU