センコーグループホールディングス株式会社

SENKO HOLDINGS お問い合わせ ENGLISH
文字サイズ
     

安全方針・安全マネジメント

センコーグループ安全方針

安全理念

「人間尊重」と「すべてに優先する安全」の精神のもと、『完全0災職場の確保』を実現する。

  1. あらゆる事故・災害は防止することができ、また防止しなければならない。
  2. 管理者は従業員の安全に対する責任を負う。
  3. 全従業員が「あらゆる事故をなくするのだ」ということを信条にしなければならない。
  4. 安全は高品質と高生産性を確保する。

基本姿勢

  • 私たちセンコーグループは、物流事業の社会的使命を深く認識し、事業活動における安全確保が事業の根幹であることを、全従業員が正しく理解し、安全の向上に寄与する取り組みを推進する。
  • 経営トップは、現場からトップまでが一体となって事業活動における安全の確保と安全性の向上に努めるよう積極的に主導する。
  • 安全の基本は、健康な心身であることをセンコーグループに働く者1人ひとりが強く意識し、適切な健康管理を実践する。

重点施策

  1. 関係法令を遵守し、社会的責任を果たす。
  2. リスクアセスメントを徹底し、あらゆる安全リスクを低減する。
  3. 健康管理体制の充実と自主健康増進によって「健康障害」を防止する。
  4. 安全衛生活動に関する情報について積極的に公表する。

安全マネジメントシステムの推進

法令に則った「安全実力度評価」(内部監査)を毎年実施し、改善進捗状況を改善ランキング表にまとめ、支店長やグループ会社の社長に定期的に配信しています。具体的な結果を地域のマネジメントにつなげることで課題解決のPDCAサイクルを回し、安全を担保しています。

安全実力度評価の運用サイクル P 計画 支店指標・目標の設定と安全活動計画の決定 D 改善活動 安全管理者の責任で改善活動の実施・推進 C チェック 改善活動の評価 部支店・グループ会社の安全衛生委員会で改善進捗確認 A 見直し 安全実力度評価実施 フィードバック 評価結果により部支店・グループ会社の安全衛生委員会で支店長・グループ会社の社長へフィードバック
画像をタップすると拡大表示されます。

「安全性優良事業所」認定の取得推進

(株)ランテック、アクロストランスポート(株)をはじめ物流グループ各社では、安全性の高い貨物自動車運送事業者である「安全性優良事業所」認定※を取得しています。

※国土交通省および社団法人全日本トラック協会が推進する認定制度

(公社)全日本トラック協会が
								発行するGマーク 写真 マーク表示車両 (公社)全日本トラック協会が
								発行するGマーク 写真 マーク表示車両

安全管理システムの構築・運用

安全、教育、健康管理の各種安全に関するシステムを連携させた「安全管理システム」を2017年度に構築。安全管理に関する全項目、進捗を“見える化”し、安全管理のPDCAサイクルを回しています。
これらのデータを活用し、事故を起こさない、起こさせない運用管理を行い、各事業所・グループ各社への定着を目指します。

写真
安全管理システム ドライバー健康管理システム 長時間管理システム 事故速報システム 教育管理システム災害性・有害性リスクアセスメントシステム 点呼システム 安全実力度評価システム

危険品管理体制を構築

一般消費者向け商品も指定数量を超えると危険品扱いになります。センコーグループでは、主管支店エリアごとに危険品に関する管理責任者を配置して、危険品リスクの管理を強化しています。

量販系物流業務における潜在リスク [可燃性] スプレー缶 [発熱・液漏れ] 電池 → 取扱い量増加(一般品⇒危険品)  安全規定、製品取扱いマニュアルなどに則り、危険品としての適正管理を行っています。「危険品管理者」を各主管支店エリアに1名配置 量販系物流業務における潜在リスク [可燃性] スプレー缶 [発熱・液漏れ] 電池 → 取扱い量増加(一般品⇒危険品)  安全規定、製品取扱いマニュアルなどに則り、危険品としての適正管理を行っています。「危険品管理者」を各主管支店エリアに1名配置

MENU