センコーグループホールディングス株式会社

SENKO HOLDINGS お問い合わせ ENGLISH
文字サイズ
     

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの考え方と体制

 センコーグループは、公共性の高い物流事業を行う企業として、コンプライアンス(法令遵守)に徹した事業活動 こそが、企業の社会的責任を果たし、信頼を得ることにつながると考えています。そのため、コーポレート・ガバナンスを経営の最重要課題の1つに位置づけ体制の強化に努めています。

業務執行と監査・監督

  • 当社の取締役会は、毎月1回以上開催しており、法令で定められた事項の他、経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行を監督する機関として位置付けております。また、当社は、取締役、執行役員及び重要な使用人が適切かつ効率的に職務を執行するために、取締役会規程及び職務権限規程を定め、権限と責任を明確にすると共に、業務執行状況の検証を行い、より透明度の高い経営の実現を図っております。
  • 当社グループはグループ全体のCSR(企業の社会的責任)経営を推進するため、コンプライアンス、企業倫理、危機管理、環境推進、社会貢献推進の各委員会とそれを統括するCSR推進委員会を設置しております。また、グループの内部統制活動を継続し高度化を図るために内部統制委員会を設置しております。
  • 監査役は、取締役会に出席し、取締役の業務執行を客観的立場から監視するとともに、監査室及び会計監査法人(大手前監査法人)と連携し、子会社も含めたコンプライアンスの徹底を図ると共に厳正な監査を実施しております。
  • 当社は、会計監査人として大手前監査法人と会社法に基づく監査契約及び金融商品取引法に基づく監査契約を締結し、適宜会計に関する指導を受けております。業務を執行した公認会計士は3名、監査業務に係る補助者は公認会計士8名です。
  • 監査室は、リスク対策等の状況の検証、業務運営の状況把握とその改善、適切な業務運営体制の確保を目的として、当社及び当社子会社の内部監査を実施し、その結果を代表取締役及び監査役へ報告しております。

コンプライアンス経営

法令を遵守し倫理にかなった事業活動を行う「コンプライアンス経営」は、企業が社会的責任を果たし、ステークホルダーの皆様から信頼を得るために最も基本的なことです。
センコーグループでは、すべての役員、従業員が社会的責任を深く理解し、企業活動のあらゆる場面で遵守すべき事項を「センコーグループ企業行動規準」として定めています。

リスク管理体制の強化

事業上起こりうるリスクに万全を期すために、緊急事態には人命優先、物的損害の軽減、業務の早期再開、社会的 信用の維持、地域社会への貢献の観点で対応する体制を築いています。

BCP(事業継続計画)の整備

災害時に物流を迅速に復旧させるためのBCP(事業継続計画)を、グループの拠点ごとに構築しています。緊急時にはBCPに基づき本社と現地の対策本部長による指揮で支援活動と復旧活動が迅速に行われます。 データセンターが被災した場合に備えた、データバックアップセンターでは災害でサーバーが停止した場合も30分以内にシステムが復旧し、物流体制を維持できるようにしています。

全従業員および家族への「地震対応初期行動カード」配布

各個人で対応すべき地震発生時の初期行動をまとめた「地震対応初期行動カード」を作成し、グループ全従業員と家族に配布しています。                                     

安否確認システムの構築と報告訓練の実施

被災時には従業員がスマートフォンなどで自主的に安否を報告し、従業員の被災状況を迅速に確認できるシステムを自社で開発。年に2回、グループ全従業員を対象に模擬訓練を実施し、実際の被災時における迅速な安否確認に備えています。                                     

緊急時備蓄品の配備

緊急時備蓄品(食糧・水・毛布・カセットボンベなど)も全国5拠点に配備し、被災時には自社配送網により、1日以内で被災地へ輸送できる環境を整えています。賞味期限が近くなった食糧などは生活支援団体などへ寄贈され、社会福祉活動にもつながっています。

個人情報保護の取り組み

集荷、発送の依頼などでお客様の個人情報を預かることが多い物流企業にとって、個人情報の保護は企業責務です。センコーグ ループでは、プライバシーマークやISO27001取得のほか、情報セキュリティポリシーを制定するなど、情報保護体制を構築させています。

MENU