センコーグループホールディングス株式会社

SENKO HOLDINGS
     

社外からの評価

ESG投資の構成銘柄に採用

社会のサステナビリティに取り組んでいます
 昨年に引き続き、年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) が選定したESG (環境、社会、ガバナンス) 投資のための以下の株価指数の構成銘柄に採用されました。

MSCIジャパンESGセレクトリーダーズ指数
MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
S&P/JPXカーボン・エフィシエント指数

物流連から「物流環境特別賞」を受賞

住宅内装部材の輸送車両大型化により輸送を効率化
 兵庫県と愛知県間の住宅内装部材輸送を大型トラックからトレーラーへ転換。 トラック台数削減(50%)による輸送効率の向上と環境負荷低減、ドライバーの省人化が評価されました。



食品小口混載便の車両大型化による環境負荷低減
 九州と関西、中部、関東間の冷凍・冷蔵食品輸送を、大型トラックからセミトレーラーへ転換し輸送を効率化。CO₂削減とドライバー不足への対応が評価されました。乗務員が日帰りできる体制づくりなど働き方改革にも取り組んでいます。

物流連から「モーダルシフト取り組み優良事業者」として4件を受賞

拠点集約で輸送の大型化を図り海上輸送に転換
 各地から北海道への住宅建材輸送において、東西中継所を設置。輸送集約する ことでトラック輸送からRORO船やフェリーによる海上輸送への転換を実現しました。



私有コンテナの空スペースを活用、鉄道輸送に転換
 千葉県から北海道へのアパレル商品輸送に、アクロストランスポート㈱の私有コンテナの空スペースを東京納品代行㈱が活用。10tトラック91台分の輸送を鉄道へ切り替えました。

「健康経営優良法人」に認定

 センコーグループでは、長年、従業員の健康管理の充実や「健やか活動」を通じて健康経営を推進しています。こうした取り組みが評価され、2020年3月、経済産業省と日本健康会議が共同で優良な健康経営を実践する企業を顕彰する「健康経営優良法人2020(大規模法人部門(ホワイト500))」に3年連続で認定されました。

「エコシップマーク」と「エコレールマーク」を取得

 センコーグループは地球環境に優しい海上・鉄道輸送を一定以上利用している物流事業者として「エコシップマーク」と「エコレールマーク」を従来より取得。トラック輸送以外の輸送チャネルと環境に配慮した物流サービスを提案しています。

MENU